インテリア

おしゃれなインテリア、絵のある暮らしをご紹介

インテリア 絵

毎日暮らす家だからこそ、インテリアにはこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。

インテリアと言っても家を選ぶ、家具にこだわるといった大きなものから、写真や絵を飾る、思い出のオブジェを置く、お気に入りの食器をそろえるといった小さなものまで色々。

より充実した毎日のために、好きなものに囲まれた生活をできると素敵ですよね。

今回は海外のSNSなどでもよく見かける「絵を飾る」インテリアに注目して、絵の種類、飾る場所や飾り方やなどについてご紹介していきます。

 

「ポスター」を飾る

「ポスター」を飾る

アーティストの絵やデザインアートのもの、風景画など最近では通販でも比較的安価に購入できるようになっています。

ポスターはサイズの大きなものが多いのでお部屋がそのポスターのイメージになるといっても過言ではありません。

リビングのソファの後ろの壁、階段の壁など広い面積のところにぜひ飾ってみてください。お部屋の印象がぐっとおしゃれになりますよ。

 

「イラスト」を飾る

「イラスト」を飾る

お気に入りのイラストレーターさんの絵を飾るのも素敵です。

ポストカードなどで販売されていることも多いので、小さなフォトフレームに入れてたくさん飾ったりするのもかわいいですね。

棚や机の上に飾って、お気に入りのものを集めて模様替えを楽しむように季節や気分に合わせて手軽にお部屋の印象を変えることができるのも魅力です。

 

「子どもの絵」を飾る

「子どもの絵」を飾る

お子さんのいるご家庭なら、描いてくれた絵を飾って楽しむこともできますね。

「初めて人間らしいものを描いた」「初めて丸が描けた」…など1枚1枚に子どもの成長を感じられて心がほっこりあたたまるインテリアになります。

飾る場所はどこだってOK!子どもさんと楽しみながら飾ってみてくださいね。

 

「似顔絵」を飾る

結婚式のウェルカムボードや記念日やお誕生日のプレゼントとしても人気の似顔絵もおすすめ。
写真とはまた違った良さがあり、暮らしにとけこむタッチや作風を選ぶことができるのも魅力です。

似顔絵のWORLD1では、オーダーメイドで写真から似顔絵の制作をしています。
好みのタッチを選んでみてください。


作家やまもとまきの似顔絵
リビングでくつろいでいる時にいつも目に入る場所にウェルカムボードを飾れば、結婚式の思い出をいつまでも大切に、いつも新鮮な気持ちでいられそうですね。


作家まあこの似顔絵
子どもの成長記録としての似顔絵を飾るのもおすすめ。お誕生日の記念に描いてもらうのもいいですね。


作家フジエシュンスケ-凛-の似顔絵

家族みんなが必ず目にする階段に飾るのも素敵です。


作家Tommyの似顔絵
玄関に飾れば、お友達が遊びに来てくれた時にも見てもらうことができ、話題になること間違いなしです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハードルが高そうに思えるかもしれない「絵のある暮らし」ですが、まずは手軽にはじめてみてくださいね。