1. TOP
  2. WORLD1の似顔絵
  3. 似顔絵記念日・プレゼントボード
  4. ペットとの似顔絵

大切な家族だから

かけがえのない家族だからこそ、その成長と思い出を形に残す

作家「マッキー」のペットとの似顔絵
似顔絵作家「マッキー」

作家「マッキー」

マッキーの似顔絵は、まるでおひさまの温かい光の中にいるような似顔絵です。その表情からは、溢れる幸せが表現され、見るたび癒され、笑みがこぼれます。

「マッキー」作家紹介ページ
作家「Tommy」のペットとの似顔絵
似顔絵作家「Tommy」

作家「Tommy」

一瞬のぬくもりをそのままに切り取るTommyの似顔絵。思い出のシーンやお気に入りの表情を絵にすることで大切な思い出に彩りを与えてくれます。

「Tommy」作家紹介ページ
作家「まあこ」のペットとの似顔絵
似顔絵作家「まあこ」

作家「まあこ」

まあこの似顔絵は、まるで外国のお菓子のパッケージのような、かわいい似顔絵です。まあこの描くペットの似顔絵は、どこかやんちゃそうで、愛らしい表情をお描きします。

「まあこ」作家紹介ページ

個性豊かな作家が特別な1枚をお届け

  • 作家「Tommy」

    似顔絵作家「Tommy」

    ぬくもりを大胆に描くTommyの似顔絵。

    作家「Tommy」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家「るつ」

    似顔絵作家「るつ」

    その人のありのままを伝える「るつ」の似顔絵。

    作家「るつ」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家「はち」

    似顔絵作家「はち」

    優しい色と幸せな空気感に溢れた「はち」の似顔絵。

    作家「はち」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家「なぎさ」

    似顔絵作家「なぎさ」

    ふんわりとした色合いで、柔らかな印象を与える「なぎさ」の似顔絵。

    作家「なぎさ」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家「ふたば」

    似顔絵作家「ふたば」

    ぷっくりと丸みがかわいい「ふたば」の似顔絵。

    作家「ふたば」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家「anco」

    似顔絵作家「anco」

    遊び心を詰め込んだユーモア溢れる「anco」の似顔絵。

    作家「anco」の成人式に贈る似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家「ぐりこ」

    似顔絵作家「ぐりこ」

    ポップで元気いっぱいの「ぐりこ」似顔絵。

    作家「ぐりこ」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 「ぐりこ
     TOYシリーズ」

    似顔絵作家「ぐりこ TOYシリーズ」

    ぴょこぴょこ動き出しそうな、おもちゃのようにかわいい「ぐりこ」の似顔絵。

    作家「ぐりこ TOYシリーズ」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家「彩」

    似顔絵作家「彩」

    ふんわりとした印象の淡くやさしい「彩」の似顔絵。

    作家「彩」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家
    「フジエシュンスケ」

    似顔絵作家「フジエシュンスケ」

    みずみずしい色使いで描く写真のような「フジエシュンスケ」の似顔絵。

    作家「フジエシュンスケ」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家「まあこ」

    似顔絵作家「まあこ」

    "かわいい!"をぎゅっと詰め込んだ「まあこ」の似顔絵

    作家「まあこ」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 作家「マッキー」

    似顔絵作家「マッキー」

    やさしい笑い声が聞こえてきそうな、「マッキー」の似顔絵。

    作家「マッキー」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ
  • 【お休み中】

    作家「Saeko」

    似顔絵作家「Saeko」

    画面いっぱいに生き生きとした表情の「saeko」の似顔絵。

    作家「Saeko」のペットとの似顔絵
    作家紹介ページ

記念日の豆知識
Tips of Anniversary

還暦プレゼント選びには必見!60代の興味・関心を知っておこう

「還暦祝いのプレゼントを・・・」と考えてしまうと、何を選んで良いか迷ってしまいがちです。
そこでおすすめしたいのが、現代の60代はどういったものに興味や関心があるのか知ることです。
60代といえばリタイヤ世代にあたります。
退職される方に贈るプレゼントとして、どのようなものが選ばれているのかが一番ヒントになるのではないでしょうか。
会社勤めをされている方は、60歳間際の方や60代の上司とコミュニケーションを図ることができると思います。
色々な話しをすることで、どのような事に興味や関心があるのかを知ることができると思います。
ただ、年齢が離れていると同じ会社にいても話をしたことがないなんて場合もあります。
そこで、ここでは60代で退職される方がどのようなものに興味や関心があるのかを紹介したいと思います。

■旅行(家族旅行)

60代のシニア世代が最も興味や関心を寄せているのが「旅行」です。
家族との宿泊旅行や日帰り旅行などに関心を寄せている方が非常に多いようです。
退職されてから1年以内に旅行をしているという方がとても多いのは、これまで忙しく働いてきたシニア世代だからこそではないでしょうか。
「家族との時間をゆったりと過ごしていきたい」「家族との旅行を楽しみたい」そう考えている方が多いようです。
還暦祝いのプレゼントを選ぶ際「物」ではなく「旅行券」などはいかがでしょうか。
旅行に興味のある世代だからこそ、きっと喜ばれるに違いありません。

■パソコン

シニア世代が関心・興味を寄せているのが、スマートフォンではなくパソコンです。
デスクトップタイプではなく、ノートパソコンの方が興味があるようです。
ノートパソコンは持ち運びが便利で、旅行先でも使うことができるのでシニア世代に人気があります。

■美味しい食べ物やお酒

美味しい食べ物やお酒はシニア世代でなくても嬉しいものです。
還暦祝いに食事会をおこなうと思いますが、それとは別に全国共通の食事券やお酒をプレゼントするのも良いかもしれません。

■健康

60代は健康にも興味や関心があるようです。
これまで仕事ばかりであまり体を動かす機会が無かったので、健康のためにスポーツを始めようと考える方が多いと言われています。
スポーツジムに通われる方も多いのですが、自分に合ったスポーツを模索する方の方が多いように思えます。
サッカーや野球、バレーボールのシニアチームも各地域にあります。
健康のためにスポーツを始める還暦を迎える方へ、それにちなんだものをプレゼントするのは良いかもしれません。

シニア世代が興味を持っているものを紹介しましたが、プレゼントとしてもらうとすると嬉しいものが他にもあるようです。
「子どもや孫と一緒に食事をする」「子どもや孫からの手紙」など、心のこもったものが一番嬉しいと感じるようです。
そのことから分かるように、「物」よりもコミュニケーションを欲している世代だと言えるのではないでしょうか。
それに、シニア世代はある程度自分で欲しいものはそろえてきている年齢です。
中には欲しいものは一切ないと答える方もいらっしゃいます。
子どもや孫から貰ったものは何でも嬉しいとは思いますが、どうせなら一番嬉しいと感じる心のこもったものが良いと思います。
そこでおすすめしたいのが「似顔絵」です。
還暦を迎える方だけの似顔絵も良いのですが、ご家族一緒の似顔絵をプレゼントすることで、家族の絆をいつまでも感じてもらえる贈り物になるでしょう。
仮に離れて暮らしていたとしても、似顔絵を見ればずっと繋がっていると感じられるはずです。
欲しいものは何でも持っているシニア世代であっても、ご家族一緒の似顔絵はうれしいはずです。
そんな心のこもった似顔絵に、メッセージを入れて贈るのもおすすめです。
還暦祝いに似顔絵を贈るのはとても大きなサプライズになるに違いありません。
ペットと一緒に暮らしているのであればペットも似顔絵に入れたり、趣味のものをテーマにするなんて言うのも素敵です。
ご両親、祖父母、大切な方への還暦祝いに、心のこもった似顔絵のプレゼントをお選びになられる方が増えています。
個性豊かな似顔絵は、何よりも思い出に残る大切な宝物になるに違いありません。

続きを見る

還暦祝いで注意すべきトラブルとは

還暦祝いとは一般的に、子どもや親族が還暦を迎える方をお祝いするものです。
せっかくの場ですからお祝いのプレゼントに不満を感じたり、楽しめないといったことは避けたいはずです。

昔の還暦者は「お年寄り」というイメージがあったかもしれませんが、最近ではとても若々しい人が多いため長寿祝いとしては不適切ではないかとも言われています。
しかし、日本の昔からの風習である還暦祝いを無くしてしまうのもいかがなものかと思います。
祝われる方は長寿祝いと知っていながらも嬉しいはずですし、祝う側も「祝ってあげたい」という気持ちが強いのではないでしょうか。
ただその「祝ってあげたい」という善意が、ちょっとした行き違いでトラブルとなるケースが増えています。
身内や親子ではあっても考え方の違いにズレが生じ、それがトラブルの大きな原因になってしまうようです。
そこで今回は、還暦祝いでトラブルにならないために、これまでにあった還暦祝いのトラブル事例と注意点を紹介していきたいと思います。

【還暦祝いトラブル事例と注意点】

■還暦祝いの贈り物で不快な思いをさせてしまった

還暦祝いにはプレゼントを贈るのが定番になっていますが、贈り物の選択を間違えてしまったことで不快な思いをさせてしまったというトラブル事例が非常に多いものです。
その中で特に多いのが「お年寄りを連想させるプレゼントを選んでしまった」ことに関するトラブルです。

還暦祝いと言えば「赤」。
昔は赤いちゃんちゃんこを贈るのが定番でしたが、それを現代の還暦者に贈るのは時代に合っていないといえます。
それでも固定観念に囚われてしまい、「赤いちゃんちゃんこ」や「赤いパンツ」「赤い帽子」「赤いシャツ」など本人の趣味を無視した赤い色のものを選んでしまうことで相手を不快にさせてしまうことがあるようです。
元々赤が好きな方でしたら喜んでくれるかもしれませんが、これまで好んで赤を選んでこなかった方の場合不快に感じてしまうこと方はいらっしゃいます。

他にも老眼鏡を贈って機嫌が悪くなったなんて事例もあります。
老眼鏡は今は必要なくても後々必要になるだろうと選ぶ方がいらっしゃるのですが、まさに「老い」を連想させるプレゼントです。
老眼鏡だけでなく補聴器、お茶などから連想させるのはやはり「お年寄り」ですから避けるべきプレゼントです。
贈り物に困ったら、本人に聞くのが一番です。
欲しいものがあるのか、旅行がしたいのかなど本人に聞いても良いと思います。

■還暦祝いに贈りものだけで食事会をおこなわなかった

一般的に日本人は、思っていることと違うことを口にしてしまうという方が多いです。
本当は盛大にお祝いして欲しいのに「60歳なんて老人じゃないからお祝いはしなくていいよ」
「みんな忙しいんだからわざわざお祝いしてくれなくても」というような言葉を鵜呑みにして食事会をおこなわなかった事に関するトラブルも結構多いものです。
基本的に還暦祝いに食事会は必須なものです。
いつもより豪勢な食事を家族みんなで囲むことが、プレゼントを貰うことよりも嬉しいものなのです。

■サプライズで食事会を計画したら、当日還暦者に大切な用事があった

「サプライズ」が流行していることから、サプライズで還暦祝いの食事会を計画する方も少なくありません。
参加者全員に日程を知らせておいたとしても、当事者である還暦者の予定をきちんと聞かなかった事でトラブルが起こることがあります。
還暦祝いの主役は還暦者です。
一番に予定を聞かなくてはならないのに「サプライズ」が先行してしまった事が大きな原因です。
大切な日に行き違いにならないためにも、サプライズ食事会は避け、還暦者の都合の良い日時を優先して考えるべきだと思います。

■還暦祝いの予算が大きすぎて兄弟間でトラブルになった

両親の還暦祝いをするにあたり、まずは同居している子どもが予定や予算を決めることが多いと思います。
兄弟全員で還暦祝いをおこなえば、一人当たりの負担が減るため子供達全員は揃ってお祝いすることが多いでしょう。
しかし、どうしても予算の折り合いがつかない事もあるはずです。
プレゼントや食事会の予算が大きすぎると、中には「そこまでお金を出せない」経済状況の兄弟だっているはずです。
予算を決める場合は、兄弟全員で一度集まって話し合うことが大切です。

続きを見る

還暦プレゼントとして食事会を開催する際の準備と流れについて

還暦のお祝いではプレゼントを贈るだけでなく食事会を開催してお祝いする事が多いと思います。
大切な人に喜んでもらうためには、どのような点に注意して準備を進めればよいでしょうか。
そこで、今回は還暦祝いのプレゼントとして食事会を開催する際の準備と流れ、そして注意点について説明していきたいと思います。

【還暦祝い食事会の準備の流れ】

1.参加人数と日程を決定する

食事会に参加する人数と日程を決定しましょう。
日程については還暦を迎える方が希望する日時にし、参加予定の人にその日時で参加できるかを確認すると良いでしょう。
できれば、還暦を迎える方に希望する日時をいくつか挙げてもらうと調整しやすいと思います。

2.会場を決める

参加人数と日程が決まったら、会場を決めましょう。
自宅にするのか、お店にするのかを決めるのが先決です。
家族でゆっくりお祝いしたいなら自宅がおすすめです。
自宅なら還暦を迎える方の好みのお料理をそろえることができますし、小さなお子さんがいても問題ないからです。
還暦を迎える方にとってお孫さんと過ごすのもひとつの楽しみです。
自宅なら家族みんなで和気あいあいと食事会を楽しむことができるでしょう。
ただ、自宅でのお祝いはお料理や飾りつけなどの準備が大変かもしれません。
準備だけでなく後片付けもあるので、忙しい方にとって大変になる可能性があります。
お店での食事会は特別感を演出することができます。
選ぶお店によっては、コース料理などがあるので、より特別感を演出することができるでしょう。
お店側に還暦祝いである事を伝えれば、色々と便宜を図ってもらえる可能性もあります。
家族で還暦のお祝いをするのであれば個室のあるお店が好ましいでしょう。
お店ならお料理や飾りつけといった準備をする必要がないのも良い点です。
お店で食事会を開催することが決まったら、還暦を迎える方が好みのお料理が食べられるお店をリサーチし予約しておきましょう。

3.参加者へ連絡する

日時、会場が決まったら、参加者全員に連絡しておきましょう。
また会費制にするのであれば会費についても事前に伝えておきましょう。
会場がお店の場合には、現地集合なのかどこかに集合して行くのかも決めてから連絡しなくてはなりません。

4.贈り物を準備する

還暦祝いでは食事会だけでなくプレゼントする贈り物も準備しておかなくてはなりません。
参加者全員でお金を出し合っても良いですし、それぞれが用意しておいても良いと思います。
贈り物については家族みんなで話し合いましょう。
おすすめの贈り物が「似顔絵」です。
還暦を迎える方単体の似顔絵も良いのですが、還暦を迎える方が中心となっている家族全員の似顔絵も喜ばれます。
似顔絵にメッセージを入れればより一層喜ばれること間違いありません。

【還暦祝い食事会の流れ】

食事会当日の流れは一般的なパーティーと同じような流れで良いと思います。

1.主催者からのあいさつ

主催者から還暦を迎える方へお祝いの言葉を述べましょう。
また、家族以外の方が参加している場合は、その方々へ向けてお礼の言葉を述べましょう。

2.乾杯

乾杯の音頭は主催者でも構いませんし、家族どなたでも大丈夫です。

3.食事

乾杯が済んだら食事を始めましょう!

4.参加者よりお祝いの言葉

家族や親族など参加者の中で一番の年長者からあいさつをしてもらいましょう。

5.プレゼント贈呈

食事も中盤にさしかかったところで、プレゼント贈呈をおこないます。

6.還暦を迎えた人のあいさつ

食事がほぼ終わる頃に還暦を迎えた人からあいさつをしてもらいましょう。

7.主催者のあいさつ(締めの言葉)

主催者が締めのあいさつをし閉会となります。

以上が還暦祝いの基本的な食事会の流れです。
ただ、家族だけでお祝いするならそれほど畏まらなくて大丈夫です。
おめでとう!の言葉をお孫さんに言ってもらえば場が和みます。
また、最後に家族や参加者全員で記念撮影をおこなうのも良いと思います。
還暦祝いで大切なのは還暦を迎える方に家族みんなが心からお祝いをしてあげることです。
人生の節目のお祝いとして、還暦を迎える方はもちろんのこと、家族みんなが笑顔になれる食事会を計画してみてください。

続きを見る