1. TOP
  2. WORLD1の似顔絵
  3. 似顔絵記念日・プレゼントボード
  4. 還暦祝い・還暦プレゼントの似顔絵
還暦祝いの似顔絵

一生に一度の還暦祝いだからこそ、
ずっと残る似顔絵を還暦プレゼントに
The 60th birthday celebration

還暦のお祝いにはこだわった作品を

還暦のお祝いにはこだわった作品を

WORLD1の似顔絵は、作家一人一人がそれぞれの技法・画材などにこだわり抜かれた作品づくりを行なっています。一生に一度の大切な還暦祝いだからこそ、こだわり抜かれた還暦プレゼントを。そして、贈る方への想いもぜひお教えください。手描きで表現された似顔絵は、そんな想いも絵に表現いたします。

ずっと大切にしてもらえる家族の絆

ずっと大切にしてもらえる家族の絆

ご家族一緒の似顔絵を還暦祝いでプレゼントすることで、ご家族の絆をずっと感じてもらえる贈り物になります。離れていても、家族は絵の中でもずっと繋がっています。

非日常の贈り物だからこその特別感

非日常の贈り物だからこその特別感

還暦祝いに似顔絵を贈ることは大きなサプライズになります。還暦という人生の大きな節目には、印象に残る贈り物をお贈りください。きっと想像もしていなかった贈り物に、記憶に残る記念日になります。

還暦祝いの似顔絵を
もっと素敵にするポイント
Points to better nigaoe

point 1 大切な家族の
ペットも一緒に還暦祝い

ご両親がわんちゃん・ねこちゃんと一緒に暮らしているのであれば、おふたりと一緒にペットも還暦祝いの似顔絵にお描きするのがおすすめです。

わんちゃん・ねこちゃんもご両親の立派なご家族ですから、 おふたりのおめでたい記念日を一緒にお祝いしたいと思います。わんちゃん・ねこちゃんと一緒に幸せそうに笑っているご両親。そんな愛くるしいペットと一緒にいる満面の笑顔の自分たちの似顔絵を見れば、ご両親も似顔絵と同じ溢れんばかりのハッピーな表情になるに違いありません。もちろん、わんちゃん・ ねこちゃんも大好きなお父さんとお母さんの幸せそうな顔を見れば大喜びでしょう。

わんちゃん・ねこちゃん、ご両親、みんなが笑顔になれる還暦祝いのプレゼントに似顔絵はいかがでしょうか?

作家「彩」の還暦祝い・還暦プレゼントの似顔絵 作家「彩」:Mサイズ3名/¥25,500+税 大切な家族のペットも一緒に還暦祝い

point 2 ご両親の好きなコトで
ふたつとない還暦祝いに

還暦祝いの似顔絵にはご両親の好きなコトを盛り込むのもおすすめです。旅行が趣味のご両親には、おふたりの一番思い出深い土地に合わせたお衣裳を着せた似顔絵をプレゼントすれば、旅行の楽しい思い出が合わさって2倍ハッピーな還暦祝いになると思います。

また、お父さん・お母さんがそれぞれ 好きなモノ・コトが異なる場合でも、WORLD1なら素敵な似顔絵をお描きすることができます。例えば、 野球好きのお父さん、大河ドラマ好きのお母さんだとすると、お父さんには野球のユニフォームを着た姿で、お母さんは大河ドラマに出てくるような着物姿でお描きすれば、おふたりらしさ満点でより愛着がわく還暦プレゼントになるに違いありません。

ご両親の好きなモノ・コトを取り入れたオリジナリティあふれる似顔絵をプレゼントして、他にはない還暦祝いにしてみるのはいかかでしょうか。

作家「anco」の還暦祝い・還暦プレゼントの似顔絵 作家「anco」:Lサイズ12名/¥69,000+税 ご両親の好きなコトでふたつとない還暦祝いに

point 3 赤いちゃんちゃんこだけに
こだわらない還暦祝い

還暦祝いのお衣裳の定番といえば赤いちゃんちゃんこ。
けれども、オシャレかと聞かれれば思わず首をかしげてしまいます。

還暦祝いだからといって、赤いちゃんちゃんこだけにこだわる必要はありません。せっかくの大切な記念日なのですから、どうせならおめかししてはいかがでしょうか。

いつもと違った服装だからこそ、還暦という新たな人生の門出をフレッシュな気持ちで迎えることができると思います。

還暦をむかえるけれど、これからもずっとオシャレしたい!というご両親にぴったりの還暦プレゼントではないでしょうか。

作家「Tommy」の還暦祝い・還暦プレゼントの似顔絵 作家「Tommy」:Lサイズ9名/¥85,500+税 赤いちゃんちゃんこだけにこだわらない還暦祝い

point 4 笑顔を絶やさず支えてくれた
お母さんに還暦祝いの似顔絵

お母さんは影ながら家族を支えてくれる大きな存在。そんなお母さんへの還暦祝いのプレゼントは想いがこもったプレゼントを。

幼い頃は、当然のようにお母さんに家事をしてもらっていたけど、大人になってその大変さや、子供に対する気持ちに気づくことがたくさんありますね。だからこそ伝えたい感謝の気持ち。

WORLD1の似顔絵で、やさしいお母さんの笑顔をずっと残る作品にしてみませんか。きっとこの先、似顔絵を見るたびにたくさんの思い出がよみがえってきて、この還暦のお祝いも大切な思い出として残ります。

作家「マッキー」の還暦祝い・還暦プレゼントの似顔絵 作家「マッキー」:Sサイズ1名/¥13,000+税 笑顔を絶やさず支えてくれたお母さんに還暦祝いの似顔絵

還暦祝い お客様の声

「柔らかいタッチが両親の雰囲気にピッタリ!」

東京都 鈴木明日香様

両親の還暦祝いではちさんに似顔絵を描いていただきました。
妹と何か形に残るものがいいなと考えていたところWORLD1さんのホームページに辿り着きました。

髪型や服装など細かく確認してくれたり、プレゼントする私たちの気持ちまで考えて描いてくれることに感動しました。
どんな似顔絵になるんだろうとワクワクしながら届くのを待っていました。

実際に届いてみると柔らかいタッチが両親の雰囲気にピッタリで、プレゼントするととても喜んでくれました!!
ありがとうございました!!

続きを見る

還暦祝いにぴったりな
似顔絵作家のご紹介
INTRODUCTION

還暦祝いにぴったりな似顔絵作家のご紹介
還暦祝いにぴったりな似顔絵作家のご紹介

WORLD1の作家は、水彩絵の具を使った作家からアクリルガッシュ、クレパスといった様々な画材を使用し、それぞれ個性豊かな似顔絵を描きます。贈る方の性格や雰囲気、また実際に飾られる場所に合わせた作家・作風を見つけてください。
作家によっては、ご希望の背景や、ご趣味等がわかるようなアイテムまでお描きできます。

作家一覧へ

PICK UP 作家

似顔絵作家ぐりこ
TOYシリーズ

似顔絵作家「ぐりこ TOYシリーズ」

思わず笑顔になる
ポップで楽しい似顔絵

似顔絵作家「ぐりこ TOYシリーズ」の還暦祝い・還暦プレゼントの似顔絵

NIGAOE LINEUP

  • 似顔絵作家「ぐりこ TOYシリーズ」の還暦祝いの似顔絵1 Sサイズ 2人
  • 似顔絵作家「ぐりこ TOYシリーズ」の還暦祝いの似顔絵2 Sサイズ 2人
  • 似顔絵作家「ぐりこ TOYシリーズ」の還暦祝いの似顔絵3 Sサイズ 3人
  • 似顔絵作家「ぐりこ TOYシリーズ」の還暦祝いの似顔絵4 Mサイズ 10人
完成イメージ 「ぐりこ TOYシリーズ」作家紹介ページ

PICK UP 作家

似顔絵作家「なぎさ」

似顔絵作家「なぎさ」

落ち着いた
深みのある似顔絵

似顔絵作家「なぎさ」の還暦祝い・還暦プレゼントの似顔絵

NIGAOE LINEUP

  • 似顔絵作家「なぎさ」の還暦祝いの似顔絵1 半身/Mサイズ 2人
  • 似顔絵作家「なぎさ」の還暦祝いの似顔絵2 半身/Sサイズ 2人
  • 似顔絵作家「なぎさ」の還暦祝いの似顔絵3 全身/Mサイズ 2人
  • 似顔絵作家「なぎさ」の還暦祝いの似顔絵4 半身/Lサイズ 7人
完成イメージ 「なぎさ」作家紹介ページ

PICK UP 作家

似顔絵作家「はち」

似顔絵作家「はち」

やさしい色で
幸せな世界を描き出す似顔絵

似顔絵作家「はち」の還暦祝い・還暦プレゼントの似顔絵

NIGAOE LINEUP

  • 似顔絵作家「はち」の還暦祝いの似顔絵1 Sサイズ 2人
  • 似顔絵作家「はち」の還暦祝いの似顔絵2 Sサイズ 2人
  • 似顔絵作家「はち」の還暦祝いの似顔絵3 Sサイズ 2人
  • 似顔絵作家「はち」の還暦祝いの似顔絵4 Lサイズ 7人
完成イメージ 「はち」作家紹介ページ

作家一覧(13名)

還暦祝いQ&A
Q&A

Q1. 還暦とは? (由来)詳細を見る

還暦(かんれき)とは、干支が一巡し起算点となった年の干支に戻ること。通常は人の年齢について言い、数え年61歳(生まれた年に60 を加えた年)を指します。本掛還り(ほんけがえり)ともいいます。一般的に干支は「十二支」をいいますが、ここでは「甲( きのえ)」から始まり、「癸( みずのと)」で一回りとなる「十干」が組み合わさった「十干十二支」を指し、60 通りの組み合わせがあります。60 年で干支が一回りし、生まれ年の干支に戻ることから、「還暦」というようになりました。還暦を迎えることは、新しい暦をスタートすることから、「新しい門出を祝う誕生日である」という考えが昔から伝わってきています。
「新たな誕生日」ということから還暦をお祝いする事が習慣になっているのですね。
ちなみに、還暦祝いは中国で始まった習慣ですが、日本で始まったのは奈良時代と言われています。ただし、この時代は、60歳ではなく初老である40歳の時を記念してお祝い事をされていました。60歳の時を祝うようになり始めたのは、室町時代の頃です。戦国時代に「人生50年」と織田信長が歌っていたのは有名なエピソードですが、当時、60歳まで生きた人は長生きとされていたのです。現代の60歳の人は、若々しいイメージなので、不思議な感覚かもしれませんが、昔の60歳は相当な「長寿」とみなされていた、ということですね。

その他長寿祝い一覧はこちら

Q2. 還暦はなぜ赤いちゃんちゃんこ?詳細を見る

かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、「生まれたときにかえる」という意味でこの習慣があります。ちゃんちゃんこは、子供の袖無しの羽織のこと。これによって、還暦に赤いちゃんちゃんこを着てお祝いをするようになったんですね。当時は、還暦祝いをする時期が正月であったために、防寒着であるちゃんちゃんこを還暦の人にプレゼントし、健康を願ったとされています。また、還暦祝いをする現在では、赤いちゃんちゃんこを贈ること以外に、赤い贈り物をする人も増えているようです。還暦祝いに渡す赤い贈り物のプレゼントとしては、赤い宝石や洋服、お花、赤坂の名がつくホテルへの旅行チケットなどが挙げられます。「赤」には、人のアドレナリンを分泌させエネルギッシュにさせる、食欲を増進させるなどのカラー効果があるので「いつまでも元気でいてね」という気持ちを伝えるにはぴったりの色です。

Q3. 還暦祝いのお祝いの時期はいつ?詳細を見る

昔は還暦祝いといえば、正月~立春の間に実施されていたイベントとされています。それは何故かと言うと、昔の人は現代と違い、誕生日に年を取るのではなく、正月の日に年を取るならわしがあったためです。現代では、厳密な時期というのはなく、還暦祝いをする側が、祝うタイミングを決めているのが通常になっています。誕生日や成人式など、お祝いする時期がはっきりしている記念日に対して、還暦祝いはその人によって時期が様々であるため、誕生日や長期休みのタイミングで家族が集まって行うことが多いようです。
還暦祝いを行なう時期は、現代でいうと定年を迎える年の人も多いので、定年祝いと一緒に行う人も最近増えているようですね。還暦祝いを行なう際に一番大切なのは、還暦祝いをされる側の人が「たくさんの人が集まってくれて嬉しいな。これからも元気に楽しく生きよう」と思えることです。「そのために何をするか」ですが、ひとりでも多くの人が集まれるよう事前から還暦祝いの計画を行ない、周りの人に集まってほしいと、事前に呼びかけることが重要になってきます。また、最近では、現代の60歳の人が若いので「還暦祝いを70歳の古希で行っては?」と考える人もいるようですが、祝われる側は何度祝われても嬉しいもの。
60歳、70歳と、それぞれ違うプレゼントを用意し、喜ばせるのもひとつですよ。
70歳の古希の時には「紫が長寿の色」とされているので、自ずとプレゼントするモノも変わるのではないでしょうか。還暦祝いに似顔絵を贈る場合には、60歳の時には赤い服を着た似顔絵を、70歳の時には紫の服を着た似顔絵を、それぞれプレゼントしてあげると喜ばれるかもしれませんね。

Q4. 還暦祝いとはいったい何のお祝い?詳細を見る

還暦祝いとは、「60歳という節目の年」を迎えた人を祝うイベントですが、今では60歳=長寿という感覚は薄まってきていますよね。「まだ働き盛りで若いのに、還暦祝いをするなんて、年寄り扱いをしているようで失礼なのでは?」という考えを持つ人もいるかもしれませんが、それならば視点を変えてみましょう。今、日本の平均寿命は男女ともに80代です。残り20年以上は生きてもらうことを考えると60歳の方をシニアと呼ぶには、まだまだ早いです。「還暦」の意味には「干支が生まれた年にかえる」という意味があります。それはすなわち、セカンドライフ(第二の人生)が60歳になって、やっとスタートするということです。充実したセカンドライフを送るために、その人が欲しているものは何か?伝えたいことは何か?を考えると、実用的なモノや記念に残るモノをプレゼントしてあげた方が喜ばれるはずです。人が人生でお祝いされることといえば、誕生日以外にそうありませんよね。成人式や結婚式などを合わせても、祝われる機会なんてそんなにないはずです。還暦祝いの日=60歳を迎えた人が主役になれるスペシャルな日ということで、喜ばれるプレゼントと一緒に思い出をプレゼントしてあげましょう。気持ちが伝われば、プレゼントの値段は関係ありません。大事なのは、その人を思う「気持ち」「心遣い」です。還暦祝いに家族や親戚など、複数人が集まるのなら、記念撮影をするのも喜ばれるでしょうね。写真嫌いな人であれば、似顔絵として残してあげてもいいと思います。周りの大切な人にお祝いされて喜んでいる笑顔を、一枚の写真や似顔絵として残しておけば、いつでも「還暦祝い」をされたことをその人は思い出すはずです。それが、その人のセカンドライフにおける活力になるのではないでしょうか。「これからも仕事に趣味に邁進して、いつまでも楽しく生きてほしい」というメッセージと共に、プレゼント選びを行いましょう。

Q5. お祝いの方法はどんなものがあるの?詳細を見る

還暦祝いを人生の節目のイベントとして、家族・親戚でお祝いするご家庭が増えています。
普段の誕生日とは異なったお祝い方法でサプライズをすることも素敵ですね。

  • 自宅

    【自宅】
    気兼ねなく、ゆっくり過ごすには、自宅での還暦祝いがぴったり。
    周りを気にしない自宅なら、サプライズのちゃんちゃんこも楽しい演出になるはず。
    時間を気にせず、ゆっくり還暦のお祝いをしてください。

  • お店

    【お店】
    普段は行かないキリッとしたお店で還暦祝い。
    普段行かないお店を予約して、非日常な時間を過ごすのもオススメ。
    お店に頼んでサプライズケーキなんかも素敵ですね。

  • 旅行

    【旅行】
    家族水入らずで行く還暦祝い旅行はどうでしょう。
    温泉に浸かって、長年の疲れを少しでも癒してもらうもよし、
    美味しい料理でもてなしてもよし。
    旅行はお祝いの幅を広げてくれます。

  • 贈り物

    【贈りもの】
    還暦祝いで贈るプレゼントは何を贈りますか?
    今まで重ねた時間を思わせる時計、これからの時間を楽しんでもらうための
    趣味のアイテム。色々と迷ってしまいますが、感謝の気持ちがあるだけで
    どんな贈りものもきっと喜んでくれるでしょう。

Q6. 還暦祝いの予算ってどれくらい?詳細を見る

還暦は大切な記念日です。お祝いするにも予算が気になるところ。
一般的に、ご両親へ贈る還暦祝いの予算は3万円前後が多いと言われているようです。ただし、ご両親以外の方の場合は1万円前後になるそうです。
こちらは、あくまで割合なので、人によっては10万円以上かける方も1割程度の割合でいらっしゃるようです。ご両親以外の方への還暦祝いは、あまり高額なものになると気を使わせてしまうので注意が必要そうですね。
ご兄弟がいる場合は、その分予算を上げられるので、贈りものと合わせて旅行をプレゼントしたり、美味しい食事を用意するなんてこともできますね。モノ・コトを贈るなんて、素敵な還暦祝いになることは間違いないでしょう。
また、贈る際の演出も工夫することでより印象に残るお祝いになります。サプライズをするもよし、今まで言えなかった感謝の言葉を手紙にして渡すのも素敵ですね。
ただし、予算はあくまで予算です。お祝いする気持ちが伝われば、どんな贈りものでも喜ばれます。お祝いをしようという気持ちが大切ですね。

還暦祝いに贈る似顔絵

還暦祝いの贈り物は多種多様です。赤を基調としたネクタイやシャツ、
食事・旅行など。そんな様々な贈り物の中でもWORLD1では一生残る似顔絵という
還暦プレゼントをお薦めしています。ご両親の性格や雰囲気・人柄などに合わせて、
個性豊かな似顔絵作家から選んでいただけます。

還暦祝いに送る似顔絵

ご両親への似顔絵

ご両親にずっと仲良く暮らしてほしいという願いを込めた、おふたりの似顔絵。コンパクトなSサイズの似顔絵ならご自宅の場所を選ばず飾っていただけます。

作家「なぎさ」
Sサイズ(220×273mm)
2名 / ¥16,000+税
コンパクトなSサイズ

ご家族みんなの似顔絵

家族の絆を描いたご家族みんなの似顔絵。別々に暮らすご家族、みんな一緒の似顔絵ならいつでも家族の繋がりを感じることが出来ます。

作家「はち」
Lサイズ(455×530mm)
8名 / ¥53,000+税
大人数Lサイズ

記念日の豆知識
Tips of Anniversary

なぜウェルカムボードで似顔絵が人気なのか?似顔絵の魅力とは?

結婚式に欠かせないのが「ウェルカムボード」です。
結婚式を挙げるお二人のイメージや好みで作られるウェルカムボードは、お二人の人柄やセンスが表れるものです。

似顔絵ウェルカムボードは二人の魅力を最大限に表現できるものです。
例えば写真はそのままの二人が写っているだけです。
しかも写真写りが悪いなんて方も多いのではないでしょうか。
しかし似顔絵なら写真よりもやわらかな印象を与えてくれますし、写りが悪いなんて心配する必要がありません。
似顔絵はその方の姿をそのまま描くのではなく、性格や雰囲気、さまざまな笑顔を見て描くものですから、本人も気づかなかった表情や想いを表現することができるものです。
本人も気づかなかった柔らかな笑顔や幸せそうな表情、愛情溢れる二人の空気感など、写真では表現することのできない「空気」を似顔絵に込めることができます。

他にも似顔絵ウェルカムボードの魅力はたくさんあります。
結婚式で似顔絵ウェルカムボードを飾りたいと考えている方のために、似顔絵ウェルカムボードの魅力をたっぷりご紹介して行きたいと思います。

【似顔絵ウェルカムボードの魅力】

■大切な家族も一緒に描くことができる

結婚式のウェルカムボードだからといって、二人だけの似顔絵でなくてはいけないとの決まりはありません。
ご両親や大切な家族も一緒に描くことで、家族の繋がりや温かさを感じられるものになります。
また、おじいちゃんやおばあちゃんも結婚式に参加してもらいたいけれど、身体が不自由で出席できないなんて事もあるでしょう。
他界してしまった大切な大好きな家族もいるかもしれません。
そんな方々も一緒に描くことで、絵の中で「家族」が繋がることができます。
似顔絵に描くものは自由です。
大切な家族と一緒のシーンや大切なペットと一緒のシーンなどをキャンパスに描くことにより、
結婚式に参加できなかった家族も一緒に結婚式会場にいるような気持ちになるに違いありません。

■結婚式のゲストを楽しませることができる

ウェルカムボードは結婚式に出席してくれるゲストをお迎えするものです。
似顔絵ウェルカムボードなら、ゲスト同士で話題になるだけでなく、一緒に写真を撮りたくなるに違いありません。
また、これから始まるお二人を想像し「幸せな家庭を築いてくれることを期待」する大きな要素になるのではないでしょうか。
似顔絵ウェルカムボードはゲストを楽しませるだけでなく、ゲストの心も温かなものにしてくれるでしょう。

■結婚式の想い出となる

似顔絵ウェルカムボードは、挙式後も想い出として新居に飾ることができます。
インテリアとして飾ることで、いつまでも結婚式を挙げた際の気持ちを思い出させてくれるでしょう。
インテリアとして飾らなくても、二人にとって一生の宝物になるに違いありません。

結婚式に活躍する似顔絵はウェルカムボードだけではありません。
それは、「両親贈呈用似顔絵ボード」です。
結婚式のご両親へのサプライズとして両親贈呈用似顔絵ボードを贈れば、ご両親はとても喜ばれるでしょう。
これから結婚して自分達の元から離れて行く子どもたちとご両親が、1枚の絵の中でずっと一緒に居ることは「離れていても気持ちはずっと繋がっている」との証明にもなります。

また、似顔絵は作家によって作風に違いが出るものです。
作風は違えども、未来の夢や希望を絵として表現することができ、人生の道しるべとなってくれる要素を持っています。
結婚式を挙げたあの時の気持ちや希望、夢を、似顔絵ウェルカムボードや両親贈呈用似顔絵ボードを見る度に思い出させてくれることでしょう。

続きを見る

還暦祝い=赤いちゃんちゃんこを贈るのはなぜか?

「還暦祝い=赤いちゃんちゃんこ」とのイメージが強いと思います。
なぜ「赤いちゃんちゃんこ」なのか、考えると不思議です。
還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを贈る風習は、室町時代末期頃から始まりました。
その頃、「明(中国)」との貿易が盛んになっており、還暦自体も中国から日本に伝来した「十干十二支」との暦が60年周期で繰り返されることにちなんでいます。
人は60年生きると暦が一巡し赤ちゃんに還ると考えられていたようです。
その当時は、新生児の死亡率が高く、赤ちゃんが誕生すると「赤い産着」や「赤いちゃんちゃんこ」を着せて無事に育つように祈るとの習慣ができました。
赤は魔除けの色と信じられており、60年生きて暦が巡り「新しい寿命を授かった」とされる還暦者にも、長生きできるようにと願い、赤いちゃんちゃんこを贈る風習が定着しました。
一部地域で始まった赤いちゃんちゃんこの風習は、江戸時代頃には全国的に広まり根付いたと言われています。

昔は確かに赤いちゃんちゃんこを贈るのが定番でしたが、最近ではめったに見られなくなりました。
それは徐々に60歳を迎える方が若々しく、決して老人とは呼べないこと、そして赤いちゃんちゃんこを贈っても喜ばれないことが理由です。
ただ、「赤」にちなんだ物を贈ると良いとされているのは今も残っています。

【現代に合った赤い贈り物】

■女性への還暦祝いに人気の「バラの花束」

奥様や母親など、女性への還暦祝いの贈りものとして選ばれているのが「赤いバラの花束」です。
年齢と同じ数である60本のバラを送るのが定番となりつつあるようです。
赤い60本のバラは、豪華で美しく、還暦祝いの贈り物に最適です。

■お酒好きに喜ばれる「名入れ赤ワイン」

お酒好きの方への還暦祝いの贈りものとして選ばれているのが「名入れ赤ワイン」です。
名入れ用のワインボトルにはさまざまな形があるので、好みのものを選ぶことができます。
ハート型の可愛いボトルもあるので、女性にも喜ばれます。
名入れだけでなく、メッセージも彫刻可能なので、普段の感謝の気持ちを彫ってもらうのも良いかもしれません。

■お洒落な方に「赤いポロシャツ」

現在の60歳はとても若々しくお洒落な方が多いものです。
そのため、真っ赤な服だってお洒落に着こなしてしまいます。
ただ、ダークカラーを好む方には向いていませんが、華やかなカラーを好む方だったら絶対に喜んでくれるのが赤いポロシャツです。
せっかく還暦祝いに贈るのだから、赤いだけではつまらないという場合は、左胸部分に「60」という数字がプリントされたものはいかがでしょう。
「還暦ポロシャツ」というものがありますので、それなら名前だって入れることも可能です。

■還暦祝いに人気の小物「赤いキーケース」

還暦祝いに人気の小物と言えば「赤いキーケース」です。
ノーブランド品でも、ハイブランド品でもさまざまな種類があるので、贈る方の好みに合わせて選ぶことができます。
赤いキーケースは特に女性に喜ばれます。
最近は赤いキーケースでも上品なものが多いので、還暦祝いの贈り物に適していると思います。

■お洒落な女性に「赤いストール」

奥様や母親への還暦祝いによく選ばれているのが「赤いストール」です。
真っ赤なものではなく、赤をベースにした落ち着いたカラーが選ばれているようです。
ストールにはさまざまな素材のものがありますが、長く使ってもらうために質の良いものを選びましょう。

このように、「赤い贈り物」はたくさんありますので、相手の方の好みに合うものをプレゼントしましょう。
そしてもう一つ「赤」にちなんだオリジナルのプレゼントがあります。
それが「似顔絵」です。
赤い服や赤い背景、赤い花などを似顔絵に入れることで、縁起の良い最高のプレゼントになります。
自分の似顔絵はなかなか依頼する機会がないかもしれません。
だからこそ、贈られるととても嬉しいものです。
還暦を迎える方一人の似顔絵も良いのですが、家族みんなの似顔絵も喜ばれます。
また、似顔絵にメッセージを入れることで、一生忘れることのできない還暦祝いの贈り物になるに違いありません。
先程ご紹介しました「赤い贈り物」と一緒に似顔絵を贈るのも良いと思います。
相手の喜ぶ顔を想像して、最高のプレゼントを選びましょう。

続きを見る

還暦祝いの際に還暦プレゼントと合わせて手紙として気持ちを伝えるメッセージの上手な書き方とは

「人生の節目」「第二の人生の始まり」とも言われる還暦には、家族がお祝いをしてあげるのが一般的です。
還暦祝いにはプレゼントを用意したり、食事会をセッティングするなど、家族みんなで盛大にお祝いするのが最近の傾向です。
ただプレゼントを贈ったり、食事会をするだけでなく、それと合わせて手紙として気持ちを伝えるメッセージを贈るのはいかがでしょうか。
普段言うことの出来なかった感謝の気持ちや、心からのお祝いのメッセージを贈ることで、還暦を迎える方はいつまでも心に残るお祝いになるに違いありません。
しかし、気持ちを伝えるメッセージはなかなか上手く書くことができないものです。
もちろん、相手によって伝えたいメッセージも異なるのですが、素直な気持ちを手紙に込めることで、皆さん本当に喜ばれるでしょう。
そこで、今回は、プレゼントと合わせて贈るメッセージの上手な書き方を例を挙げて紹介していきたいと思います。

【還暦を迎えるご両親へのメッセージ】

1.還暦おめでとうございます。
これまで家族のために頑張ってくれてありがとう。
これから先の長い人生が、充実したものになりますように。
いつまでも健康で幸せに過ごして下さい。

2.還暦おめでとう!
還暦を迎えても若々しい姿は私たち子供達、そして家族の自慢です。
これからも笑顔を絶やす事のないように、明るく元気に過ごしてください。
普段はなかなか言えないけれど、本当に感謝しています。ありがとう。

3.お父さんへ 還暦祝いおめでとう!
長い間、家族のために一生懸命働いてくれて本当にありがとう。
家族のために働いてくれて支えてくれて本当に感謝しています。
これからは第二の人生のはじまりです。
お母さんと夫婦仲良く、自分達の時間を大切にして下さい。
いつまでも健康でいてね!

4.お母さんへ 還暦祝いおめでとう!
いつも家族のことを考え、支えてくれてありがとう。
お母さんの笑顔で家族みんなが救われてきました。
これからはあまり無理をせず健康に気をつけてください。
これからも宜しくね!

このように、ご両親へのメッセージは感謝の気持ちを一番に伝えるようにしましょう。
父親へメッセージを贈る場合は「第二の人生」「夫婦仲良く」など、これからの人生を意識して書くと良いと思います。
また、これまで家族のために働いてくれた事への感謝の気持ちを入れるとなお良いでしょう。
母親へメッセージを贈る場合は「感謝の気持ち」を全面に出すと良いと思います。
家族を支えてくれたお母さんに対する感謝の気持ちを素直に書くことをおすすめします。

【還暦を迎える祖父母へのメッセージ】

1.おじちゃん、おばあちゃん還暦おめでとう!
健康に気をつけていつまでも元気でいてね。
いつまでも私の自慢の祖父・祖母でいてください。

2.大好きなおじいちゃん、おばあちゃん還暦おめでとう!
いつも笑顔でやさしいところが大好きです。
これからも健康で若々しいおじいちゃん、おばあちゃんでいてください。

3.還暦おめでとうございます。
孫の私たちをいつもあたたかく見守ってくれてありがとう!
お身体を大切に、これからも健康でいてくださいね。
あまり無理はせず、これからの人生を楽しんでください。

祖父母へのメッセージは、日頃の感謝と「健康」を意識して書くと良いでしょう。
孫からのメッセージはとても嬉しいものです。
身体を気遣う内容を入れるとより良いでしょう。

【還暦を迎える上司へのメッセージ】

1.還暦おめでとうございます。
新しい人生の門出を祝し、お祝いの言葉を申し上げます。
まだまだ若いOOさんですから、これからも現役世代として頑張ってください!
これまらもOOさんらしく楽しい人生になりますよう心からお祈りしております。

2.60歳おめでとうございます。
還暦という人生の節目の年を迎えられました事を心よりお喜び申し上げます。
これからも私たちの良きお手本として、素晴らしい毎日をお過ごし下さい。

3.お誕生日おめでとうございます。
60歳を迎えたとは思えないほど、若々しく生き生きしているOOさんは、私の人生のお手本です。
これからもOOさんらしさを大切に、長い人生を楽しんでください。

上司へのメッセージは、「若さ」と「尊敬」を意識して書くと良いでしょう。
現代の60歳は本当に若いので、決してお年寄り扱いしないことがポイントです。

続きを見る