ウェルカムボード結婚式

ウェルカムボードのサイズは「飾る場所で決める」のが一般的

ウェルカムボード高砂サイズ

結婚式で欠かせない定番アイテム、ウェルカムボード。
ウェルカムボードはゲストに会場の場所を知らせたり、新郎新婦のお二人の代わりにゲストをお出迎えする役割があります。

挙式後にはご自宅の玄関やリビングに飾ったり、ご両親に記念としてプレゼントすることもでき、ウェディングボードを見返すたびに結婚式の日のことを思い出すことができるでしょう。

さて、ウェルカムボードと言っても大きさが様々でどの大きさのものを選べばよいか迷われる方もいらっしゃると思います。

一般的に、ウェルカムボードのサイズは「飾る場所」によって決めるのがベストです。

 

飾る場所によって大きさを決める

まず、披露宴会場のエントランスや屋外に飾る場合です。

披露宴会場へ向かうとき、ゲストは立ち止まらず流動的になっているため、ウェルカムボードは目に留めてもらえるものにする必要があります。
そのため披露宴会場のエントランスに置くなど、看板的な要素が強い場合は存在感を出すために大きなサイズが適しています。大きさもありますが、文字だけのものよりも写真や似顔絵など目を引くデザインのアイテムであればなお良いと思います。

エントランスに飾る場合は、事前に結婚式場に連絡して飾る場所などを確認するのが良いでしょう。

ウェルカムボード 作家フジエシュンスケ
(A2サイズ程度の大きさを飾った場合のイメージ)

ガーデンウェディングなど屋外に置く場合も同様に大きめのウェルカムボードが好ましいです。

 

次に受付に飾る場合

受付に新郎新婦の姿はありませんが、ゲストが式場まで足を運んでくれたこと、新郎新婦をお祝いしてくれることへの感謝を伝えるおもてなしの場の1つでもあります。

ウェルカムボードはお二人の幸せな様子を伝えたり、ゲストをおもてなしをするための大切な役割も担ってくれます。受付ではゲストが立ち止まって見れるので、ウェルカムボードの大きさは小・中ぐらいのサイズがおすすめです。


(A3サイズ程度の大きさを飾った場合のイメージ)

受付の横に置く場合はゲストの視界にウェルカムボードが留まるようにフレームに入れたり、場合によってはイーゼルの上に置くのが良いでしょう。
受付のテーブルの上にウェルカムボードを置く場合は、スペースの関係もあり、小さいもので十分です。

 

最後にウェルカムスペースに飾る場合です。

ウェルカムスペースはゲストを最初にお迎えする場所。
結婚式の時間を快適に楽しく過ごしてもらうためにも力を入れたい部分です。
最近のトレンドでは、ガーランドやバルーンで飾りつけしたり、ウェディングドールやお花を置いたり、プチギフト、ドリンクなどでおもてなしするなど、活用方法は様々。

ウェルカムボードの大きさは、ウェルカムスペースの広さと全体的な演出のバランスを考えて選びましょう


(A2サイズ程度の大きさを3つ並べて飾った場合のイメージ)

 


(小さめのA4サイズ程度のものを飾った場合のイメージ)

 

また、結婚式以外に二次会やパーティーなどでもウェルカムボードを使用することがあります。
スペースの広さや使用タイプに合わせて最適なサイズのウェルカムボードを選びましょう。

平均的なウェルカムボードのサイズ

飾る場所によってウェルカムボードのサイズは様々ですが、使いやすい・飾りやすいなどの理由で一般的にはA4サイズ〜A2サイズのものが選ばれています。

WORLD1ではウェルカムボード用の似顔絵をS・M・Lの3サイズでご用意しています。

Sサイズのウェルカムボード

Sサイズのウェルカムボード

Sサイズは220mm×273mm。A4サイズ程度の大きさです。

受付の横に飾ったり、ウェルカムスペースのアクセントとして使いやすい大きさです。
挙式後も新居の玄関などちょっとしたスペースに飾れるコンパクトサイズ。

Mサイズのウェルカムボード

Mサイズのウェルカムボード

Mサイズは318mm×410mm。A3サイズ程度の大きさです。

ウェルカムスペースに飾るのに一般的な大きさで、WORLD1では一番人気のサイズです。
また、ご両親プレゼントとしても喜ばれている定番サイズ。

Lサイズのウェルカムボード

Lサイズのウェルカムボード

Lサイズは455mm×530mm。A2サイズ程度の大きさです。

ウェルカムスペースはもちろん、式場の玄関に飾っても目を引く大きいサイズです。

最近では高砂に飾るのもおしゃれとして人気が出てきています。Lサイズならインパクト大で他の人とは違った結婚式を演出できます。

大きいほど販売価格も高くなりますので、費用との相談も必要ですね。

まとめ

結婚式は一生に一度の大切な晴れ姿の場。
おふたりを祝福してくれるゲストをおもてなしするためのウェルカムボードのサイズ、フレーム、イーゼルは後悔のないように前もってしっかりと選びたいものです。
おふたりのイメージにぴったり合ったウェルカムボードを探してみてくださいね。

WORLD1ではいただいた写真を元に似顔絵作家が一人ひとり真心をこめて似顔絵ウェルカムボードをお描きしています。

似顔絵作家一覧はこちら >