WORLD1 活動レポート

  1. TOP
  2. 活動レポート
  3. 2011.1.14京都芸術デザイン専門学校「ニガオエ=ラブレター」

2011.1.14京都芸術デザイン専門学校「ニガオエ=ラブレター」


2011年1月、京都芸術デザイン専門学校での授業の様子です。
こちらの学校では年に1回程度、『似顔絵の授業』をさせて頂いています。
京都デザイン専門学校が、
WORLD1のアトリエの近くにあるからというだけでなく、
そのような機会を頂いている理由のひとつに
作家のミッチーとTommyの出身校だからというご縁もあります。

この時の授業のテーマは
「ニガオエ=ラブレター」

教室に入るとまず、席を決めるくじ引きです。
なにが起こるんだろう…?
生徒さんたちは、これからどんな授業が始まるのかとドキドキです。

目の前の相手が、今日のパートナー。
これからその相手と会話でコミュニケーションをとりつつ、
相手の魅力的な部分を引き出してもらいます。

そして、その魅力をそのまま似顔絵に描いてもらいます。
それとともに書くのが、相手へのラブレター。

似顔絵を描くということは、相手の魅力を知ること。
そして相手を好きになること、なのです。

ラブレターだなんて…と恥ずかしそうな生徒さんもいましたが、
最後は、照れくさくもほほえましい発表に心があったかくなりました。

相手の魅力を伝えることや「好き」を伝えることは勇気がいるけど、
自分も相手もうれしい気持ちになれるんだなーと感じました。