1. TOP
  2. WORLD1の似顔絵
  3. 似顔絵記念日・プレゼントボード
  4. 結婚祝い
結婚祝いの似顔絵

おふたりの笑顔が生まれる結婚祝い
Thoughtful gift

親愛なるお友達やご家族の門出に、みんなが笑顔になる結婚祝いを贈りませんか?
その笑顔は、これからの新しい生活の一部となり、大切な思い出と共に歩むことのできる贈り物になります。

人とは違う「特別な結婚祝い」のプレゼントに

人とは違う「特別な結婚祝い」のプレゼントに

結婚祝いには、おふたりの新居に飾るインテリアとして、ずっと残る似顔絵を。
人とは違う何か特別なプレゼントをお考えの方におすすめです。

3つのサイズからお選びいただけます

  • Sサイズ
    1人〜2人 220 × 273 mm

    贈りやすいサイズ

    Sサイズ コンパクトなサイズだから置く場所を選ばず、気軽にプレゼントできます。
    Sサイズ 2人: ¥16,000〜

  • Mサイズ
    1人〜4人 318 × 410 mm

    特別なおふたりへのプレゼントに

    Mサイズ しっかりとしたプレゼントに、ウェルカムボードとして一番選ばれています。
    Mサイズ 2人: ¥22,000〜

  • Lサイズ
    2人〜10人 455 × 530 mm

    友達みんなからのプレゼントに

    Lサイズ インパクトの大きいLサイズは、友達みんなからのプレゼントに最適です。
    Lサイズ 2人: ¥29,000〜

新郎新婦の人柄に合わせて
似顔絵をお選びください

おふたりの個性や性格、趣味などからおふたりにぴったりの作家を見つけてください。作家によって、背景におふたりの世界観をお描きできる作家、おふたりの印象的なポーズをお描きできる作家など、それぞれに描ける内容などが異なるのでじっくりお選びください。

結婚祝いとして似顔絵が選ばれる理由

point 1
人とはかぶらない特別感

食器やカトラリーなどは、一般的でかぶってしまうかも。電化製品はすでに持っていたりして使いどころがない場合も。
似顔絵なら非日常な特別感を演出してくれます。

point 2
みんなで贈る友情の証として

高校や大学時代の友達や同僚のみんなで贈るプレゼントは、おふたりの結婚をお祝いすると同時に、みんなの友情の証として喜ばれています。

point 3
結婚式当日だけでなく
これからの暮らしにも

ウェルカムボードとして活躍した後も、ご自宅に大切な日の思い出をずっと残す作品として活躍してくれます。

point 4
ご家族が増えると共に

結婚の次にやってくる大きな暮らしの変化。それは、家族が増えること。人生の歩みのように、似顔絵を増やすことで、おふたりの作品からご家族の作品へと変化していきます。

サイズ別おすすめ作家一覧
INTRODUCTION

Ssize

コンパクトでも画面いっぱいにあふれる笑顔

作家「なぎさ」

お描きする方の特徴をぐっと掴む、なぎさの似顔絵。
お顔をメインにお描きするので、Sサイズでもおふたりの表情をしっかりと見せたい方におすすめです。やさしいタッチで描かれた似顔絵は、どんなお部屋にもよく馴染み、場所を選ばず飾っていただけます。

作家紹介ページ
Msize

とびきりの笑顔を描き出す

作家「マッキー」

とびっきりの笑顔が似合うおふたりには、作家マッキーの似顔絵がおすすめ。
のびのびと自然体に描かれた表情からは、「これからもいつもの素敵な笑顔でいてね。お幸せに。」というメッセージが伝わり、おふたりも絵と同じ笑顔になってくれるはず。
ウェルカムボードとして式場の空間にも映えるMサイズだからこそ、「笑顔のおふたり」の似顔絵をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

作家紹介ページ

やさしく、そして繊細に

作家「miu」

色とりどりの淡く、且つ力強さを備えたmiuの似顔絵。
やわらかいタッチでありながら、細部に渡り細やかな描き込みがされた、こだわり抜かれたウェルカムボードです。
おすすめは、ウェルカムボードとして定番のMサイズ、後にインテリアとしても飾りやすいサイズです。

作家紹介ページ
Lsize

大画面だからこそ描ける、こだわりの一枚を

作家「フジエシュンスケ」

普遍的な魅力をもつ、フジエシュンスケの似顔絵。
Lサイズではその広い空間を活かして、余白までデザインされた美しい一枚を仕上げることができます。全身の構図であっても繊細に描きこめるため、こだわりの一枚を届けたい方にはLサイズがおすすめです。

作家紹介ページ

個性豊かな作家たち

作家の数だけ作風があります。
贈られる方に合った作家を見つけてください。

作家一覧

結婚祝いに喜ばれる
その他の贈り物アイテム

ニガオエバッチ
OTHER ITEMS

まあこの似顔絵がかわいらしい缶バッチになりました。
結婚式の際には受付サインやウェルカムアイテムとして、
お式後にはお気に入りの鞄につけていただくなど、様々な楽しみ方で喜んでいただけるアイテムです。

¥2,000〜 / 個

ニガオエバッチ

記念日の豆知識
Tips of Anniversary

金婚式・銀婚式とは?

男女が結婚して夫婦になってから1年ごとに訪れる記念日が結婚記念日です。ご夫婦のおふたりにとっては、相手への想いを再確認し、これまでの出来事を振り返る大切な日と言えます。そんな結婚記念日の中で、25年目の記念日にあたる日を「銀婚式」、50年目の記念日にあたる日を「金婚式」と呼びます。

●結婚記念日の種類
結婚記念日には、夫婦になってから経過した年数によって異なる呼び方があります。例えば、結婚から1年目の記念日は「紙婚式」と呼ばれます。これが、結婚から5年目には木婚式、10年目には錫婚式、15年目には水晶婚式と変化します。紙、木、錫、水晶などはその年の記念日にプレゼントとして贈られるもので、最初は柔らかく脆いものから、徐々に硬く丈夫なものになります。

年数が増えるにつれて結婚記念日の名前が変化するのは、年数を重ねるほど夫婦の絆が強くなることを表していると言われています。15年目までは1年ごとに、それ以降は5年ごとに呼び方が設定されていて、その種類は全部で20を超えます。そんな数ある結婚記念日の中でも、特に大事な節目として有名なのが金婚式・銀婚式の2つです。

●金婚式・銀婚式の祝い方と人気のギフト
結婚記念日には、夫婦が互いにプレゼントを贈り、相手を想う気持ちを伝えることが通例です。その際に選ばれるギフトの内容は、先ほど述べたように何年目の結婚記念日かによって異なります。金婚式の場合は金製品、銀婚式の場合は銀製品をプレゼントするのが一般的です。人気のギフトには、2本が揃ってはじめて1セットになる夫婦箸や、一緒に食事をする際に使える食器などがあります。いずれも金や銀の装飾を施したものがよく選ばれ、おすすめです。

プレゼントに花を添えて渡し、結婚記念日を祝う方法も人気があります。結婚記念日の発祥地と言われるイギリスでも、結婚後4年目の記念日にあたる花婚式で花を贈る習慣があります。これは、実がなる花を贈ることで、「実りの多い結婚生活を送れますように」という願いを表しています。この時に贈る花は、相手の好きな花や、夫婦にとって思い出のある花などが選ばれやすいです。金婚式の場合は、金の色にちなんで黄色の花やオレンジ色の花がおすすめとも言われています。

●ご両親へのおすすめのプレゼント
プレゼントを贈るのは夫婦間だけではありません。子供から両親へ、結婚記念日をお祝いするプレゼントを贈ることもあります。両親に贈るプレゼントとしても花は人気です。ただし、花ではなく、より手入れの負担が少ない観葉植物をプレゼントするケースもあります。また、植物ではいずれ枯れてしまうこと、手入れに多少の手間がかかることから、最近は手入れが必要なく、時間が経っても形に残る似顔絵のようなギフトも人気があり、子供から両親へのプレゼントにおすすめです。

WORLD1の似顔絵は、金婚式・銀婚式をはじめとした結婚記念日のギフトとしても喜ばれます。大切なパートナー、ご両親のために、この世界でたった1枚の宝物を作り、プレゼントしてはいかがでしょうか。

続きを見る

還暦祝いなどの長寿祝いだけじゃない!敬老の日や誕生日も大切な祖父母に似顔絵をプレゼントしてみよう

還暦祝いなどの長寿祝いに似顔絵をプレゼントすることは、比較的ポピュラーなサプライズになってきました。
そのような一生に一度の大きなお祝いだけでなく、もっと気軽に普段の感謝を込めた形でプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。
特に祖父母の代になると家族からの愛情を実感しやすいプレゼントが、「もらって嬉しいプレゼント」です。
似顔絵のプレゼントならば、もらった本人はもちろん、家族全員を幸せにしてくれる夢のアイテムとも言えるでしょう。

今回は、長寿祝い以外にも似顔絵のプレゼントが最適なお祝いのシーンについてのお話です。

●喜ばれる大切な祖父母へのプレゼントとは?

日頃の感謝を込めたプレゼントをしようと試みて色々探したものの、
結局は毎年同じようなプレゼントに落ち着いてしまったという経験はありませんか。
敬老の日や結婚記念日、本人の誕生日などで悩んでしまうのが、何をプレゼントしたら喜んでもらえるかということでしょう。

大切な祖父母に対するプレゼントを考えた時のおすすめが、ご本人や家族を登場させたイラストです。
特に目に入れても痛くないほど可愛がっているお孫さんからのプレゼントで嬉しいのが、本人の気持ちがたっぷり詰まったプレゼントです。
何気ない日常の中で、祖父母が好んでいる趣味やファッションはもちろん、家族全体の思い出の詰まった背景など、
お孫さんや子供達でないと知りえない情報をふんだんに詰め込んだ似顔絵は、必ずや喜んでもらえるプレゼントになるはず。

高齢になるにしたがって少しずつできないことが増えてくる年代の祖父母には、
創作された絵の中でだけでも楽しく過ごしているシーンを切り取ってプレゼントするとさらに楽しんでもらえるのではないでしょうか。

プロによる手書きの似顔絵をもらった経験のある方はまだまだ少ないと思います。
定番のプレゼントでは満足できないような記念日に、サプライズプレゼントとして似顔絵を使用してみてはいかがでしょうか。

●似顔絵だからできることとは?

誕生日に似顔絵をプレゼントするのであれば、
絵の中にバースデーケーキやプレゼントボックスなどを登場させてパーティ感を表現すると、
楽しさがあふれる似顔絵を作ることができます。

結婚記念日などでは、新婚旅行先の思い出の風景や、結婚指輪のリング、ハートのモチーフなどをちりばめても幸せが伝わる一枚になります。

誕生日や記念日を祝うメッセージを一緒に入れられるのも、全てオーダーメイドで作製している手書きの似顔絵の良い所です。
日頃の感謝をメッセージとして似顔絵と一緒に贈ることで、大事な記念日がさらに華やぐのではないでしょうか。

●まとめ

大切な祖父母の結婚記念日や誕生日などのお祝いにサプライズとして似顔絵をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
お孫さんや子供達からのたくさんの愛情と似顔絵製作者の力強い想いが込められた世界に一つだけの似顔絵は、
必ずやご本人に愛情と幸せを運んでくれるはずです。
末永く大切にしてもらえるように、似顔絵の背景や小物をオリジナリティあふれるデザインにしてみるのも良いかもしれません。

市販のプレゼントで起こりやすい「もらっただけ」、「贈っただけ」のプレゼントでは終わらない、
現在から未来に向けたご家族全員の幸せと、過去のこれまで過ごしてきた思い出を一緒に経験することができるのが似顔絵の魅力です。
ぜひこの機会に祖父母のお誕生日や記念日などにとっておきの似顔絵をプレゼントしてみてください。

こんな似顔絵が欲しいというお考えがある方は、ぜひそのお声を直接ご連絡ください。
どんなデザインが良いか悩んでいるという方は、相談しながら私たちと一緒に完成させていきましょう。
皆様からのご連絡をお待ちしています。

続きを見る

ゲストに良い印象を与える両家の繋がりを示すウェルカムボードの特徴とは

●ウエルカムボードとは?

ウェルカムボードとは、披露宴などで来賓者(ゲスト)をもてなすために用いられるボードのことを言います。
手書きの色紙、メッセージを集めた物や、新郎新婦二人の写真などが一般的に使用されることが多く代表的なウェルカムボードとも言えますが、
最近ではウェルカムボードの新しい表現として、似顔絵を使ったものが個性的だと人気を集めています。

一般的に似顔絵を使ったウェルカムボードでは、主に新郎・新婦のお二人を主役で描くことが多く、
幸せいっぱいのお二人の笑顔と、結婚式でドレスアップした姿、そしてブーケや愛するペット、ハートのマークなどを
モチーフとして絵の中に入れ込むようなアレンジが行なわれています。

写真では表現できない温かみのある表現が魅力となり
披露宴後にも日常生活で思い出を振り返ることができる満足感のある一枚に仕上げることができるのが特徴です。

そんな中、ウェルカムボードの新しい形としての「つながりボード」が静かに注目され初めています。

●ウェルカムボードの新しい形「つながりボード」とは?

「つながりボード」とは、新郎新婦だけではなく、お互いの両親も一つのウェルカムボードに描くというものです。
お互いが家族になったその記念すべき良き日に、両親の姿も描くことで、さらに家族が一帯になったという印象を見た人に感じさせます。
現代では、核家族化が進んでいて家同士の繋がりが薄いとも言われがちですが、やはり結婚の基本的な要素の一つである「両家の繋がり」は無視できません。

新郎新婦を紹介するばかりではなく、お互いに両家の一員となったことを親戚一同・仕事仲間・友人達などに
広く知らしめることも披露宴の目的の一つに挙げられるのではないでしょうか。

両親の顔をあまり知らないゲストが来ても、新郎新婦を囲んで両親が見守っているような「つながりボード」を
一目見れば、家同士の繋がりを一瞬で感じ取ることができることでしょう。

●ウェルカムボード以外にも様々な用途に使えます

「つながりボード」は、単なるウェルカムボードの枠に収まるものではありません。
一般的なウェルカムボードの役割となる結婚式の入り口以外にも、
屋外で行われるようなウェルカムパーティの会場や、
披露宴会場全体を見渡せるような高所に飾ることでたくさんのゲストからの注目を集めることができます。

披露宴で最後に両親に贈答する品の基本として以前よりよく用いられていたのがメッセージと花束です。
最近では、披露宴に個性を出したい方も増えてきたため、幅広い種類の両親贈答品が選ばれるようになってきました。
「つながりボード」の存在感をアピールしたい方は、両親贈答品に使用するのもおすすめです。

今までの感謝を両親に対して堂々と伝えることのできる一生に一度の機会だからこそ、いつまでも思い出に残るような贈答品を選びたいはずです。
そんな中、メッセージも一緒に添えられる「つながりボード」は、思い出に深く残り続けることになることでしょう。
さらにゲストを最後にお見送りする場所でも活用できるので、披露宴の初めから最後までどこでも光り輝くことができます。

●「つながりボード」で新しい人生を歩みましょう

結婚式には欠かせないウェルカムボードですが、従来のウェルカムボードとは異なった特徴をもつ
「つながりボード」で、一生に一度の記念日を最高のものにしてみませんか。
新郎新婦や両家のご家族はもちろん、数多くのゲストを幸せな気持ちで包み込むことができる「つながりボード」は、
披露宴後の日常生活でも「つながり」を感じさせるいつまでも色あせない一枚になることでしょう。

続きを見る