1. TOP
  2. 結婚式をもっと素敵にするアイデア帖
  3. 日本ならではのウェディングスタイル「和婚」

結婚式をもっと素敵にするアイデア帖

結婚式をもっと素敵にする方法。それはおふたりのこだわりを込めることです。
好きなこと、思い入れのあるもの、大切にしたい想い。
おふたりのこだわりをいっぱい詰め込んで、
誰にもできない素敵な結婚式にしてみませんか?

CATEGORY
ウェディングスタイル

日本ならではのウェディングスタイル「和婚」

日本ならではのウェディングスタイル「和婚」

似顔絵/はち

 結婚式は世界共通。しかし、国によっては、その国特有の伝統的なウェディングスタイルがあります。もちろん、日本にも伝統的な結婚式の「和婚」というスタイルがあります。和婚と聞くと、新郎は紋付き袴で新婦は白無垢、そして、由緒正しい神社で神前式を行う、こんなお式を想像するのではないでしょうか。けれども、最近の和婚には様々なバリエーションがあります。

 先に紹介したような神社・寺院などで行う日本古来の伝統的な結婚式。チャペル式で、披露宴のお色直しで和装を着て登場する和洋折衷式の結婚式。このように、意外にも和婚の定義は広く、これといったルールや決まりがありません。

 神前式や仏前式といった純和風の結婚式では、そのお式でしか経験することができない伝統的な儀式を体験することができます。そして、しんとした空気感、深々とした緑に包まれた神社や寺院という日本らしいロケーションで行う式だからこそ、最も和装が映えるスタイルともいえます。純和風にこだわりたい!というおふたりにぴったりのスタイルですね。

 「和だけじゃなくて洋の雰囲気も取り入れたい!」という方には、お式はホテルやレストランで行うカジュアルな洋風で、それに対してお衣裳は和装で登場するといった、和も洋も取り入れた結婚式がおすすめです。和と洋のおふたりのお好きなところだけ取り入れたスタイルなので、よりオリジナリティ溢れる演出ができます。

 また、挙式スタイルだけではなく、披露宴会場の演出やコーディネートでも和婚は演出できます。和装の似顔絵ウェルカムボード、和をイメージしたペーパーアイテムなど、小物を和テイストで統一するととてもおしゃれな和婚に仕上がりますよ。

 おふたりのイメージに合わせて様々なアレンジができる和婚。日本でお式をあげるなら、どんな形であれ、1つは和の要素を取り入れてみるもいいかもしれませんね。
シェア フォロー フォロー
記事一覧へ