WORLD1 活動レポート

  1. TOP
  2. 活動レポート
  3. 「笑顔って良いなぁ~」授業in京都

「笑顔って良いなぁ~」授業in京都

マッキー

2013年6月14日に、京都デザイン専門学校に、WORLD1が授業に行ってきました。
今日の先生は、作家のふたば、ぐりこ、マッキーです。


進行司会を務めるふたばのドキドキな表情…!と、笑顔のぐりこ。 ですが、本番に強いく、落ち着いた面持ちで授業をはじめました。さすが!



授業テーマは、似顔絵を通じて『笑顔って良いなぁ〜』です。


センスを感じる、ゆるくてストレートなテーマですね。

WORLD1の似顔絵は、笑顔を大切にしています。
その中で相手を笑顔にさせたい!と思った時に生まれるコミュニケーションを
大切にしています。
それを体験してほしいと思います!

まず、似顔絵はどんなものなのか、見てもらおうと、
作家が生徒さんの似顔絵を描かせてもらいました。
たくさん囲まれて、興味心身に見てくれています。
どんな風に目に映っているのでしょう?

できあがり〜!



すごい喜んでもらえて、良かった〜!周りのみんなもうらやましがってくれていました。
(いつもイベントをしているので、よかったら来てくださいね〜!)

そして、ついに、生徒さんに、実践してもらいます。
無表情の似顔絵と、笑顔の似顔絵を描き比べてもらい、
どちらがうれしいかを体験してもらうことになりました。

2人組になってもらい、無表情の顔をお互い鉛筆でデッサンします。

次に、好きなタッチで、笑顔の表情を描いてもらいます。





やっぱり、無表情の絵よりも活き活きしてる!

お互いに話して、賑やかなクラスでした♪
しかし、その中でも、あんまり会話がはずまないことは、もちろんあって、
こっちが意図しても、なかなか難しいなぁとも思いました。
けれど、なんとか皆、お互いの笑顔の表情をとらえようと、
はじめよりも気持ちをこめて描いているように見えました。

描き終って、1人2枚、無表情と笑顔の似顔絵がプレゼントされました。





その中で、私の気になることがありました。
皆への質問で、
無表情の絵をもらった方がうれしかった人〜?一人手をあげました。
笑顔の絵をもらった方がうれしかった人〜?その一人を除く、皆が手をあげてくれました。

無表情の絵をもらった方がうれしい子は、自分の笑顔の絵があまり気に入れなかったみたいでした。
それについて、あんまりつっこめれなかったのですが、
後になって、どうしたらよかったんだろう??と思いました

私についてですが、あんまりリラックスできてなかったりする時の笑顔って、
なんだか不自然になってしまいがちで…
写真用の顔とかも、よく作ってる!と言われたりします。

だから、本当の自分の良い表情をつくるって、できる人ももちろんいますが、
皆が皆、いつでも100%できるわけではないと思うんです。
良い表情は、何気ない一瞬だったりもすると思うので、
それをどんだけとらえれるか、引き出せれるのかが大切なのだなぁと思うのでした。

その笑顔がうれしくなかったということは、どういう表情がうれしいのだろう?と自分を知ったり、
描き手も、もう一歩踏み込んで、相手にどんな笑顔でどんな気持ちになってもらいたいだろう?
と想像することも、してもらえてたらいいなぁと思いました。

かなり長くなってしまいましたが、
笑顔がうれしかった〜というのを喜んでくれてるコメントもいただきました。
そして、描かれた顔の意外性やおもしろさ、そのままですね〜!と、
皆それぞれ思う感想をいただきました。

☆集合写真☆

人数が多すぎて、皆は映せませんでしたが、100人近い生徒さんが集まってくれました。
今日はありがとうございました!!

個性的で、かなり光ってる絵をみさせてもらえて、私もおもしろく刺激的でした。
学びも、今後に生かしていきたいです!