1. TOP
  2. 結婚式をもっと素敵にするアイデア帖
  3. 白無垢に込められた意味から学ぶ結婚への心得

結婚式をもっと素敵にするアイデア帖

結婚式をもっと素敵にする方法。それはおふたりのこだわりを込めることです。
好きなこと、思い入れのあるもの、大切にしたい想い。
おふたりのこだわりをいっぱい詰め込んで、
誰にもできない素敵な結婚式にしてみませんか?

CATEGORY
衣装

白無垢に込められた意味から学ぶ結婚への心得

イラスト/モナ

 日本の伝統的な婚礼衣装の「白無垢」。ウェディングドレスに負けず劣らずの人気衣装です。最近では、白無垢に綿帽子や角隠しを被る純伝統的なスタイルだけでなく、洋髪にお花やレースをあしらった和洋折衷なスタイルも注目されています。このように、ウェディングファッションの1つとしてとても魅力的な白無垢ですが、実はそれを着ることに深い意味が込められています。

 花嫁が白無垢を着ることには、「相手の家の色に染まるように真っ白のまま嫁ぐ」という意味が込められているのが通説だそうです。少し重い意味に聞こえるかと思いますが、嫁ぐということは、今までの自分を新たにする必要も少なからずありますので、その覚悟としてこのような意味が込められたのではないでしょうか。

 さらに、白無垢にはもう少し掘り下げた意味もあるようです。古来より、日本では白は神聖な色として考えられています。生まれたときに着る産着の白。死者に着せる死装束の白。そして、花嫁衣裳としての白は、花嫁がこの世のものではないという意味が込められています。これはつまり、「生家の娘として一度死んで、婚家の嫁として新たに誕生する」ということを表しています。結婚は人生の中でもとても大事な儀式です。そこには命を懸けるほどの覚悟が必要だということなのでしょう。

 前者の意味でも、後者でも、今の時代から言えば大げさだと感じる方は多いと思います。しかし、結婚することで、姓が変わったり、住む場所が変わったり、どこか今までの自分から大きく変化することがあります。その変化にうまく付き合っていくためには、真っ白な心持ちであったり、新たに自分は生まれ変わるんだという考え方が大事になってくるのではないでしょうか。このように考えると、白無垢に込められた意味には、そんな結婚への心得に気づくための、きっかけ作りのようにも見えますね。
シェア フォロー フォロー
記事一覧へ